ドイツの基本情報とおすすめ観光都市

ドイツ 伝統家屋 ドイツ


ヨーロッパのドイツは1年中観光が楽しめる国!

暖かく過ごしやすい春や夏はもちろん、秋にはオクトーバフェストが開催され、冬には年末最後の一大イベント、クリスマスマーケットで盛り上がります。

今年、2019年も多くの都市でクリスマスマーケットが開幕し美しい街並みがさらに輝きを放っています。そんなドイツの基本情報とおすすめの観光都市を紹介します。

ドイツ基本情報

ビザ

観光で訪れる際、日本のパスポートでは90日以内までビザなしでドイツに滞在可能です。

ただし、条件とて出国する日に対して3ヶ月以上の有効期限が残っていることに加え、あらゆる180日以内で90日以上シェンゲン協定国に滞在していないことです。これは多くのバックパッカーの盲点になるので気をつけてください。

例えばシェンゲン協定国のフランスに30日滞在後、そのままドイツに移動した場合、180日は滞在することはできません。150日までにシェンゲン協定国以外の国に移動する必要があります。

言語

公用語はドイツ語です。ただし多くの方が問題なく英語は話すことができます。

通貨

ユーロ通過はユーロが使用されています。ユーロの紙幣は500、200、100、50、20、10ユーロとありますが、レストランでは50ユーロ以上の紙幣は使用できないもしくは嫌がられることが多いです。

理由は偽造通貨が多く流通してしまうドイツでは高額紙幣を受け取るのは店側のリスクが大きくなってしまうためです。

高額紙幣をお持ちの場合はホテルなどで小さなお金に換金してもらっておくと安心です。

お得なレートで外貨両替するなら【外貨両替マネーバンク】

気候

日本と同様に四季があり、夏は暖かく冬は寒さが厳しいです。また、ミュンヘンやノンシュバンシュタイン城がある南ドイツは山脈の関係で北に比べて冬は気温が低く雪が多いのも特徴です。

時差

ドイツは日本より8時間遅れています。サマータイム実施期間(毎年3月最終日曜〜10月最終日曜日)は-7時間となります。

主な国際空港

日本から直行便が就航しているドイツの国際空港は2019年時点でフランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフの3つです。

ANA、JAL、そしてルフトハンザ航空による運行です。

コンセントタイプ

ギリシャ ソケットドイツで使用されているコンセントは2つ穴タイプです。また気をつけたい点は、電圧が240Vです。

日本で購入する多くの電化製品は240V対応ですが100均で購入した携帯の充電器やケーブルなどは要注意です。

誤って使用してしまうとショートし、携帯本体も傷つけてしまうことがあるので十分注意してくださいね。

Wifi環境

ドイツの空港及び主要な駅、スターバックス、マクドナルドに加え多くのカフェは無料です。カフェは大抵お店の方に聞くとパスワードを教えてくれます。

一方でドイツのホテルはWifiが有料な場合も多いです。予約の際はよく確認しておくことをおすすめします。

ヨーロッパ40カ国で使用できるポケットWiFiルーターならユーロデータbasic!

イギリス旅行はこんな人におすすめ

グリム童話のようなメルヘンな街並みが好きな人

ドイツ ローテンブルク

ドイツの多くの都市には中世の街並みを残す旧市街と呼ばれるエリアが大抵あります。歴史を感じる石畳と木組みでできたカラフルなドイツの伝統家屋。

どこを切り取ってもインスタ映えするとっても可愛い街並みが楽しめます。

ディズニーランドが好きな人

ドイツ ノンシュバンシュタイン

ドイツの日本人観光客人気スポットといえば、ディズニーランドにあるシンデレラ城のモチーフとなったノンシュバンシュタイン城です。

春から夏にかけては周りの緑と青い屋根、白鳥のように美しいとされる城壁とのコントラストが美しく、秋には紅葉、そして冬になると雪化粧と四季を通じて様々な姿が楽しめるのも魅力です。

自然が好きな人

ドイツ ライン川

ドイツ国内には父なる川と呼ばれるライン川が流れ、その周りに広がる広大なぶどう畑や、中世の時代の美しい古城を楽しみながらの川下りは人気のアクティビティーです。

サッカーが好きな人

ドイツ バイエルンバイエルンミュンヘン

日本人選手も多く活躍するドイツのブンデスリーガ!香川選手も所属していたドルトムントや世界的にも人気のクラブチーム、バイエルンミュンヘンなど日本とはまた違った迫力あるサッカーが観戦できるのも魅力です。ただしこの2チーム。

熱狂的なファンがシートを年単位で契約しているため一般客が購入できるシートはわずかです。すぐに売り切れてしまうので、予定が決まれば早めの確保をおすすめします。

ビールとソーセージが好きな人

ドイツ フランクフルト

ビール好が好きな人はドイツは天国。特ミュンヘンなどの南ドイツでは伝統的な朝食には白ソーセジとビールがセットにっています。

朝からビールを飲める素敵な国!またその土地によって飲まれるビールやソーセージが異なるので各地を周遊しながら各地のものを試してみるのも楽しいですよ。

ドイツのおすすめ都市【クリスマスマーケット編】

ドイツ クリスマス

ドイツの冬の風物詩、クリスマスマーケット。これを目当てにドイツ旅行を計画する方も多いのではないでしょうか。

ドレスデン、シュトゥットガルト、ニュルンベルクで開かれるマーケットは、ドイツ3大クリスマスマーケットと呼ばれています。

関連記事: 2019年版!ドイツのクリスマスマーケット

ドレスデン

ドイツ ドレスデン

世界最古のクリスマスマーケットが開かれることで有名なドレスデン。貴族の館が建ち並ぶかつては「百塔の都」とも称されたこの街美しいエルベ川とバロック様式の建物群がとても美しい気品を感じる都市。

そんなドレスデンは第二次世界の標的になり空爆で破壊されてしまいましたが、2005年に再建が終わり「芸術と文化の都」として復活を遂げました。

シュトゥットガルト

ドイツ シュトゥットガルト

世界で1番大きなクリスマスマーケットが開かれることで有名なシュトゥットガルト。そんなシュトゥットガルトは車の街としても有名です。

日本でも人気の高級ブランド、ベンツ、ポルシェが本拠地を構える都市ということもあり、車好きにはたまらないベンツ博物館、ポルシェミュージアムで歴史的にも有名な車を間近で見学できると人気です。

ニュルンベルク

ドイツ ニュルンベルク

世界で1番人気のクリスマスマーケットが開かれるニュルンベルク。そんなニュルンベルクはおもちゃの街としても有名です。

大人も楽しめる世界最大級のおもちゃ博物館は必見です。また11世紀に建てられたとされる、カイザーブルグ城からは、ドイツらしい赤い屋根の街並みが楽しめることでも有名です。
ミュンヘン発の現地ツアーはコチラから

ドイツのおすすめ都市【ライン川沿編】

ドイツ ライン川

ドイツの父なる偉大なライン川の周辺はそれぞれ個性ある魅力的な都市がたくさんあります。

中でもデュッセルドルフからフランクフルト間は観光船KDラインも運行する人気区間!観光船でライン川からの景色を楽しみながら、気になる都市で下車しながらそれぞれの都市を回る船の旅。

もしくは現地ツアーに参加したり、レンタカーを借りてライン川沿を走る9号線でお目当の観光スポットを巡るドライブ旅行。旅行スタイルはお好みで!!

ライン川下りはコチラから

デュッセルドルフ

ドイツ デュッセルドルフ

日本からの直行便が就航するデュッセルドルフはヨーロッパ最大の日本人街があることで有名です。

そのため日系のホテルやレストランがたくさんあり、たくさんの日本人も暮らしているので旅の拠点にはとてもぴったりの都市です。ドイツで感じる日本。また違った日本の魅力を発見できる素敵な都市です。

ケルン

ドイツ ケルン大聖堂

ケルンといえば、ヨーロッパ最大級のゴシック様式で立てられたケルン大聖堂の街。重厚感があり見応え抜群のこの大聖堂はドイツを訪れるなら外せないスポットの一つです。

ケルン大聖堂前の広場ではクリスマスマーケットも開かれるので、世界遺産もマーケットも両方一度に楽しみたい方にぴったりの街です。

ボン

ドイツ ボン

ドイツといえば音楽の国としても有名ですよね。中でもボンはベートベンの故郷として有名な街です。

ケルンやデュッセルドルフからも近いので音楽に携わったことがある方は特にセットで訪れたいおすすめ都市です。

コブレンツ

ドイツ コブレンツ

コブレンツからマインツはライン川のハイライトとも言われている区間です。中でもコブレンツは父なるライン川と母なるモーゼル川が合流する地点、ドイチェスエッグが見所です。

この地点にはドイツ東西統一を記念して平和のモニュメントも建てられています。

リューデスハイム

ドイツ リューデスハイム

リューデスハイムはぶどう畑が広がり、ドイツらしい木組みのカラフルな家が立ち並ぶとっても可愛い街としてライン川沿いの中でも特に人気の都市。

各レストランの中庭からは陽気な生演奏の音楽が聞こえてきて、おとぎの国に迷い込んだような世界が広がります。

またワイナリーも多いので、ワイン好きの方はリューデスハイムは外せません。

マインツ

ドイツ マインツ

マインツの街を訪れる観光客の多くはあの有名な画家シャガールが手がけた美しいステンドグラスを持つ教会、サンクトシュテファン教会がお目当です。

ブルーをベースに作られた珍しいこのステンドグラスはとても神秘的。ぜひ足を伸ばして見たいスポットです。

フランクフルト


こちらも直行便が就航する国際空港がある日本からのアクセス便利な都市の一つです。フランクフルト1番の人気観光スポットといえばライン川のほとりにある旧市街。

中でもレーマ広場は石畳の上にカラフルなドイツ伝統家屋が立ち並び中世のヨーロッパにタイムスリップしたような雰囲気が味わえると人気です。

また、ここでもクリスマスマーケットが開催されます。1番アクセス便利なマーケットなので旅の目的がそうでない方もせっかくなので立ち寄って見てはいかがでしょうか。

ドイツのおすすめ都市【ロマンチック街道編】

ドイツ フォーエンシュバンガウ

ロマンチック街道とはその名前の通り、ロマンチックな都市が約400kmも連なるヴュルツブルク〜ノンシュバンシュタイン城のあるフッセンまでのエリアの総称です。

主な交通手段はレンタカー、バス、現地ツアー、鉄道ですが、鉄道ではアクセスできない都市もあるのでその点は注意が必要です。

ミュンヘン

ドイツ ミュンへン

直行便の就航する国際空港があり、オクトーバーフェストの本場として知られるミュンヘンは、観光もサッカーもグルメも効率よく楽しめる短期旅行にもおすすめの都市です。美味しい地ビールや鮮度が大事な白ソーセージ。

ミュンヘンでもこのソーセージは午前中にしか食べることができないソーセージです。

また、長期旅行の方も南ドイツ周遊の拠点にも便利なロケーションロマンチック街道を中心にいろんな都市を巡りたい方にはおすすめです。
バイエルンミュンヘンのチケット予約はコチラから

ヴュルツブルク

ドイツ ヴィルツブルク

ロマンチック街道の北の起点都市ヴィルツブルクは、長崎で西洋医学の教育に貢献したシーボルトの故郷でもあります。街のシンボルであるアルテマイン橋は1473年から建設が始まったとされ、12人の聖人像が並んでいます。

そんなアルテマイン橋からマイン川を眺めながら、川沿いにあるワインバーやレストランで名産フランケンワインが楽しむのは至福のひととき。

さらに橋を渡った先にあるマリエンベルク要塞からはロマンチックなヴィルツブルクの街並みが堪能できます。

ローテンブルク

ドイツ ローテンブルク

ローテンブルクといえば中世の宝石箱と称されるとってもキュートな街として有名です。

その理由はカラフルで可愛い木組みのドイツ伝統家屋群が立ち並ぶ旧市街では1年中クリスマスグッツが販売されているだけでなく、ドイツ各社のテディーベアが大集結。テディーベアタウンとしても有名です。

ショッピング好きにはたまらないロマンチック街道のハイライトとも言われる街です。

ミュンヘン発の現地ツアーはこちらから

フッセン

ドイツ ノンシュバンシュタイン

シンデレラ城ことノンシュバンシュタイン城を訪れる際はここ、フッセンの街を目指します。都市というよりは自然に囲まれ、のんびりとした田舎町。

美しいフォルッゲン湖やテーゲルベルク山もあるので夏はこちらで一泊し、お城の見学だけでなくハイキングも楽しみ、夜にはお城のライトアップを鑑賞するのもおすすめです。

ミュンヘン発の現地ツアーはコチラから

フランクフルト発の現地ツアーはコチラから

ドイツおすすめ都市【東ドイツ編】

ベルリン

ドイツ ベルリン

ドイツの首都があるベルリン。ベルリンと聞けばベルリンの壁など、少し暗いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、現在のベルリンは知る人ぞ知るアートの街でもあるのです。犯した過ちを忘れないように過去の歴史は残しつつ、新しい時代を切り開くベルリン。

新旧を比較しながら楽しめる場所として多くの観光客が訪れる人気都市の一つです。

ハンブルク

ドイツ ハンブルク

ハンブルクはドイツの中でも数少ない港町です。ドイツ料理といえば肉料理が中心ですが、ここハンブルクは美味しい魚料理が楽しめる場所として有名です。

また港に続く運河に沿って100年以上前に赤いレンガを使用して建てられた倉庫街はとてもロマンチックな景色が楽しめるだけでなく、現在はアトラクション施設などに再利用されており人気のスポットとなっています。

まとめ

ドイツは各都市ごとに特徴があり、周遊旅行がおすすめの国です。旅行前にしっかり計画を立て、できることならたくさんのドイツの素敵な都市を楽しんでくださいね。

格安レンタカー予約はEasyRentCars

コメント

タイトルとURLをコピーしました