イギリスの基本情報とおすすめ都市

3norintravelイギリス


イギリス旅行は今がチャンス!!数年前まで1ポンド180円台もしましたが、現在はブリグジットの影響などで140円台まで値下がり中!

せっかく行くならポンドが安い今の時期にイギリス旅行の計画を立てみてはいかがでしょうか。

イギリス基本情報

ビザ

イギリス 空港

観光で訪れる際、日本のパスポートでは6ヶ月までビザなしでイギリスに滞在できます。

また2019年5月よりイギリス及びEU圏内の国のパスポート保持者のみ利用できた機械化ゲートことegate(イーゲート)を通過することで入国審査が可能になりました。

従来は入国カードに記入し長い列に並んで審査を受ける必要がありましたが、今はその必要全くなし!とってもスムーズにイギリスに入国することができます。

言語

公用語は英語です。ただし日本の教育で学ぶアメリカ英語とは発音が異なるだけでなく、綴りや使用する単語なども多少異なります。

特にスコットランドはイングランドの人でも理解できないことがあるほど方言が強いです。(観光地はそれほど問題ありませんが、、、)

またウェールズでは英語だけでなく、ウェールズ語も幅広く使用されています。

通貨

紙幣はポンド、コインはペンスが使用されています。

イングランドとウェールズはエリザベス女王が印刷されたたものが、スコットランドではスコットランドの英雄が印刷されたものが使用されており、スコットランドの紙幣はイングランドやウェールズで使用できない場合が多いのでご注意ください。

外貨両替マネーバンク

気候

夏は涼しく、冬は寒さがとても厳しいです。イングランドやウェールズに比べスコットランドは1年を通して常に気温はさらに低いです。またイギリスは雨が多いことでも有名で青い空が楽しめる日は1年でも数える程度。常にどんよりした空がイギリスらしい空と言われています。天気を気にしてはイギリス観光はできない!イギリス人のアドバイスです。

時差

イギリスは日本より9時間遅れています。サマータイム実施期間(毎年3月最終日曜〜10月最終日曜日)は-8時間となります。

主な国際空港

ロンドン周辺には国際空港が6つです。その中でも日本からの便は経由便を含めそのほとんどがヒースロー空港、スタンステッド空港、ルートン空港、ガトウィック空港に到着します。

その他、サッカー観戦などが目的の場合、マンチェスター空港へも日本発の航空券は比較的安く購入することが可能なのでおすすめです。

スコットランドを観光する際は、エディンバラ空港を利用すると便利ですが時期によってはロンドンから格安でエディンバラまで電車や飛行機を購入することができるので、どちらがお得か検討してみるのもいいかもしれません。

各空港から市内への移動はこちらをチェック

コンセントタイプ

3つ穴ソケット

イギリスなどで使用されているコンセントは3つ穴タイプです。また気をつけたい点は、電圧が240Vです。

日本で購入する多くの電化製品は240V対応ですが気をつけたいのが100均で購入した携帯の充電器やケーブルなど。

誤って使用してしまうとショートし、携帯本体も傷つけてしまうことがあるので十分注意してくださいね。

Wifi環境

イギリスの空港及び多くのホテルでは無料で使用できます。また、スターバックスはマクドナルドは日本同様無料で使用できます。

ロンドン市内もいくつかWifiスポットがありますが、ポケットルーターなどを持参していくとマップや乗り換えの検索もとてもスムーズなのでおすすめです。
ヨーロッパ40カ国で使用できるポケットWiFiルーターならユーロデータbasic!

また、SIMフリーの携帯をお持ちの方はスーパーで10ポンド程度で格安SIMを購入し、すぐに使用開始することもできます。

イギリス旅行はこんな人におすすめ

歴史が好きな人

大英帝国時代より小さな島国にも関わらず世界的に大きな権力を保持し続けているイギリス国内には、たくさんの歴史が詰まっています。

その歴史の常に中心にいたロイヤルファミリーの宮殿やお城なども現在は女王が使用していない日は一般に公開されており、人気の観光スポットとなっています。

ショッピングが好きな人

イギリス ハロッズ

イギリスの首都ロンドンといえば、世界のファッションの最先端の街!

世界中から色々なブランドが集まっているので日本未上陸ブランドもたくさんあります。特に年2回のセール時期は、あの有名デパート、ハロッズでも大々的多くの商品が値下げとなるので、この時期を狙って渡航するのもおすすめです。

これから始まる冬のセールはクリスマス後(12/26)~1月中旬まで。夏のセールはだいたい6月〜7月に実施されます・

自然が好きな人

イギリス ファーム

ロンドンから少し郊外に出ると、大自然が広がり羊などの動物がのんびりと暮らしている日本ではあまり見かけることのない景色が楽しめます。

イギリスらしい景色は、ロンドンではなく地方にあります。ぜひロンドンだけなく、イギリスの大自然も楽しんでみてくださいね。

サッカーが好きな人

イギリス マンチェスターユナイテッド

サッカーに携わったことがある方にとって、マンチェスターは人生で一度は訪れたいと思う場所の一つではないでしょうか。

チケットも比較的取りやすいので、マンチェスターユナイテッドの試合をぜひライブで観戦してみてください!

観客の熱気に包まれたスタジアムでしか味わうことのできない興奮がありますよ。

マンU観戦チケットはこちらから

英語留学したい人

もちろん英語を勉強したい方にもおすすめです。

アメリカ英語とはまた違った響のブリティッシュイングリッシュに憧れる方も多いのではないでしょうか。

平日は語学学校に通い、土日は観光を思いっきり楽しんで需実した留学生活が送れるのもイギリスの魅力です。
日本最大級の留学総合サイト【School With】

イギリスのおすすめ都市【ロンドン及びその周辺】

ロンドン

イギリス マンマミーア

イギリスで1番人気の都市といえばロンドンです。

ユニオンジャックが街中に掲げられ、真っ赤な2階立てバスに大きな黒い帽子、赤い制服を着た衛兵の行進など、イギリスのイメージといえばまさにロンドンです。

また世界一のデパートとも称されるハロッズやリバティーなどショッピングスポットも充実。

さらにはニューヨークと並んでロンドンはミュージカルの本場!豪華なオペラハウスで一流のミュージカルも楽しめます。

コッツゥオルズ地方の田舎町

イギリス コッツウォルズ

ロンドンから日帰りでいけることでも人気のコッツゥオルズ地方。こちらは都市というよりも田舎町といった方が正しいですね。

この地方には蜂蜜色のコッツウォルズストーンと茅葺屋根の家が可愛い田舎町がたくさんあり、ロンドンからも多く現地ツアーが販売されています。

特に春になると美しいイングリッシュガーデンに色とりどりの花が咲き、ため息が出るほどの美しさ。

ロンドンだけがイギリスではありませんよ。ぜひイギリスらしいさの残る田舎街へも足を伸ばしてみてくださいね。

ロンドン発コッツウォルズの現地ツアーはこちらから

ウィンザー

イギリス ウィンザー城

ウィンザーはヒースロー空港近くの人気観光スポットです。

帰りの飛行機がヒースロー発の夕方便であれば、ヒースロー空港に送迎してくれる現地ツアーもあるので最終日の観光にぴったりです。

ウィンザーで楽しめるのはエリザベス女王1番のお気に入りとも言われてるウィンザー城とその周辺に広がるロイヤルファミリータウン。

シャーロットストリートやウィリアムパブなど通りの名前やパブにもロイヤルファミリーの名前が隠されています。

ロンドン発ウィンザー現地ツアー

バース

イギリス バース

もともとこの地はAquae Sulisと呼ばれていましたが、ローマ時代より温泉地として栄えていたのでこれにちなんでバースと地名が変更されました。

一度は停滞したバースの温泉ですが、ヴィクトリア女王時代に復活し現在も温泉が楽しめるイギリスで数少ないスポットです。

また18世紀以降は高級リゾート地となったバースには、美しいジョージ王朝様式の建造物が立ち並びその美しい街並みは世界遺産にも登録されています。

ウィンザー城とセットになった現地ツアーもあるので、日程に合わせて効率よく回れるものを見つけてみてください。

ロンドン発バースの現地ツアーはこちら

イギリスのおすすめ都市【北イングランド地方】

マンチェスター

イギリス マンチェスターユナイテッド

マンチェスターユナイテッドの本拠地があるマンチェスター。サッカーファンならイギリスを訪れたならぜひとも訪問したい都市の一つですよね。

ちなみにマンチェスターには、マンチェスターシティーと呼ばれるクラブチームがもう一つある都市です。スタジアムももちろん場所が異なりますのでお気をつけください。

残念ながら旅行日程で試合が行われないという方!試合がない日限定で、選手のロッカーなどが見学できるスタジアムツアーに参加することも可能です。試合があってもなくても楽しめますよ!

マンU観戦チケットはこちらから

リバプール

イギリス リバプール

イギリス永遠のスタートいえばビートルズ。ロンドンのアビーロードは言わずと知れたゆかりの地ですが、ビートルズの出身地リバプールにはもっとたくさんの見所が!

ビートルズの原点となったライブハウスやビートルズ個人の私物も展示されたミュージアムなど、ファンにはたまらないスポットが盛りだくさんです。

リバプールの現地ツアーはこちら

リーズ

イギリス リーズ

何かと日本でも耳にすることが多くなったリーズ。佳子さまが留学されたリーズ大学があり、日立製作所の新幹線あずまの停車駅ということでも有名になりました。

そんなリーズは今一番開発が著しい都市、ナイトライフが需実している都市として今イギリス国内でも大注目の都市です。

ヨークシャデール

一方で北部にはスコットランドまで続いているイングランドで1番大きな国立公園、ヨークシャデールも広がります。

公園内には伝統的な村や大自然が織り成す絶景スポットなど見所が詰まっており、キャンプをしながら一週間かけて観光する方も多い人気の観光地です。

 

ヨーク

イギリス ヨーク

リーズから車で約1時間の場所ヨークはローマ人によって築かれて以来、古都として栄えたイングランドの歴史を語るには欠かせない都市です。

「ヨークの歴史はイングランドの歴史」

とも呼ばれ、バイキング、ノルマン人など様々な民族の支配を受けた歴史が刻まれた街。

現在は12世紀以降に作られた城壁に囲まれた中世の街並み、そしてハリーポッターに出てくるダイヤゴン横丁のような通りで有名なシャンブルズ通りを目当てに世界中から観光客が集まるイギリス屈指の観光地として栄えています。

またイギリスのお洒落なアンティークショップがたくさん集まるスポットとしても有名です。

イギリスのおすすめ都市【湖水地方】

ウィンダミア

イギリス 湖水地方

湖水地方の1番のに人気スポットといえばウィンダミア。美しいウィンダミア湖は息を飲む美しさ。エンジンボートを借りてランチを持ち込み湖の上でのんびり過ごすのがイギリス流です。

また、ハリーポッター誕生の地としても有名な湖水地方。物語の世界に迷い込んだような博物館、ビクトリアポーターの世界があるのもここウィンダミアです。

アンブルサイド

イギリス 湖水地方

アンブルサイドは湖水地方1番の高級住宅地です。

コッツウォルズストーンははちみつ色でしたが、アンブルサイドは灰色に近いスレイットストーンと呼ばれるレンガで建てられた、コッツウォルズとはまた違う美しいイギリスの街並みが楽しめる場所です。

中でも人気なのは橋の上に建てられたブリッジハウス。日にちよっては中を見学することも可能です。

その他

湖水地方は、イギリスでレークディストリクトと呼ばれウィンダミアやアンブルサイド以外にも詩人ワーズワースゆかりの地やたくさんの人気都市が点在したエリアです。

主要スポットを効率よくみて回りたい方は現地ツアーを利用すると便利です。

湖水地方現地ツアーはこちら

イギリスのおすすめ都市【スコットランド地方】

エディンバラ

イギリス エディンバラ

イングランドとはまた違った独特の文化が根付くスコットランド。

中でもエディンバラの中心街、エディンバラ城からホリールード宮殿に続くロイヤルマイルは、旧市街の美しい街並みと民族衣装のタータン柄スカートをはいたバグパイプ吹きの奏でる音色に包まれた独特の世界が広がります。

一方18世紀以降作られた新市街は新古典主義の建物で統一され、新旧の街並みのコントラストの素晴らしさから街全体が世界遺産にも登録されています。

イングランドとスコットランド。イギリスでは異なる国として認識されています。

ぜひイギリスを訪れる際はイングランドとスコットランドそれぞれの文化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

イギリス国内の移動は飛行機でリーズナブルに移動可能です。


また、ロンドンから電車を利用した現地ツアーもあるので弾丸日帰り旅行も可能です。
ロンドン発エディンバラ現地ツアー

まとめ

イギリス旅行はロンドンもおすすめですが、その他にも特徴ある都市がたくさんあります。イギリス人いわく、ロンドンだけでは真のイギリスには出会えない!!イギリスの文化や人々に触れるにはロンドン以外の都市もセットで計画するのがおすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました