マルタ島の基本情報とおすすめ都市

マルタ島 コミノ島マルタ島


地中海に浮かぶマルタ共和国は、本土のマルタ島、コミノ島、そしてゴゾ島の3つからなる東京23区のたった半分ほどの小さな島国です。

1番大きな本土でも端から端まで車でたったの1時間で移動できるマルタ島!世界遺産に保存されている中世の街並みやカラフルな漁村、そして美しい地中海ビーチなど見所がギュッと詰まったこの国は人気急増中の渡航先です。

マルタ島基本情報

マルタ島

ビザ

観光でマルタ島を訪れる際は、3ヶ月以内であればパスポートのみで入国できます。ただし有効期限は滞在期間+3ヶ月残っていることが必要となりますので、くれぐれもご注意ください。

言語

公用語はマルタ語と英語が現在の公用語です。ただし、街中の観光地やレストランなどはほとんど英語です。また、かつて1934年まではイタリア領であったこともありイタリア語が話せる方も多いです。

通貨

ユーロマルタ島の通貨はユーロが使用されています。1ユーロ=120円(2019年11月時点)

外貨両替マネーバンク

気候

マルタ島は比較的ヨーロッパの国の中でも温暖な気候ですが、日本同様に四季があります。ハイシーズンと呼ばれるのは5月頃から10月上旬頃までですが、11月を過ぎても天気の良い日は海水浴を楽しむ人も見かけます。

雨期に当たるのは11月〜3 月でスコールのようにまとまった強い雨が降ることが多く1日中雨が降り続くといったことはあまりありません。

時差

マルタ島は日本より8時間遅れています。サマータイム実施期間(毎年3月最終日曜〜10月最終日曜日)は-7時間となります。

国際空港

マルタ共和国の国際空港は本土のマルタ島にある首都のヴァレッタ1箇所のみ。マルタ国際空港です。

また、コミノ島、そしてゴゾ島へは1日複数往復便のあるフェリーで移動することが可能です。

コンセントタイプ

3つ穴ソケットキプロス島のコンセントイギリスで使用されているタイプと同じ3つ穴ソケットです。

Wifi環境

多くのホテルやカフェでWifi環境はありますが、それ以外で街中は2019年時点で無料で使用できるスポットはあまりありませんでした。
ヨーロッパ40カ国で使用できるポケットWiFiルーターならユーロデータbasic!

レンタカー

マルタでアクティブに観光したい方はレンタカーが便利です。マルタは日本と同じく左側通行なので、日本人にとっては運転しやすい点でもおすすめです。

また、多くの観光スポット周辺の駐車場は無料で利用でき、路上に停める際は、白く四角にマークがあるところは誰でも駐車可能なのでとってもわかり易いです。

ただし、ヴァレッタは駐車場激戦区!

駐車場がなかなか見つけられないこともしばしばあるので、ヴァレッタのみ観光する場合はツアーなどを利用するか、徒歩で回るのをおすすめします。
格安レンタカー予約はEasyRentCars

こんな人におすすめ

ヨーロッパの歴史が好きな人

マルタ ゴゾ島
マルタ島はイギリス、フランス、イタリア、トルコ、アラブなど多くの国の侵略を受けた歴史をもつ島です。

建物はイギリス統治時代の名残からヴィクトリア調のものが多く、かの有名なナポレオンゆかりの地や、アラブ調のお洒落なデザインのドアなどいろんな国の面影を感じることができます。

地中海の海を思いっきり満喫したい人

マルタ島
とにかくエメラルドグリーンが美しい地中海!

マルタ島にはリーズナブルなリゾートホテルがたくさんあるので、ホテルのプライベートビーチでのんびりしたり、シュノーケリングやダイビングでカラフルな魚を鑑賞したりマリンスポーツも思い切り楽しめます。

英語留学したい人

マルタはマルタ語があるものの、公用語は英語です。憧れのヨーロッパに留学したいけど、イギリスは予算が。。。という方も必見ですよ!

マルタはリーズナブルな語学学校やホームスティ先がたくさんあります。
世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With

猫好きな人

猫
首都のヴァレッタは猫の街としても有名です。地元の方々が猫に優しいためか、とにかく人懐っこい猫たち。お別れが切なくなることもしばしばあるのでご注意くださいね。

イタリア料理好きな人

マルタ料理
マルタはイタリアに近く、過去植民地であったこともありイタリア以上に伝統的なイタリアンが堪能できる国としても有名です。

小さな島国ということもあり、流行に流されることなく伝統的な味が今も受け継がれており、とにかくレストランのクオリティーが高いことでも定評があります。

マルタ島のおすすめ都市①ヴァレッタ

マルタ ヴァレッタ街並み
マルタ観光といえば首都であり、国際空港のあるヴァレッタを拠点にする方も多いのではないでしょうか。

ヴァレッタは城壁に囲まれた街全体が世界遺産に登録されている美しい街。

はちみつ色で統一された建物には赤や緑、青などインパクトのあるカラーの窓やドアがとても印象的で、よくよく見ると一つずつ個性あるお洒落なデザインです。

メイン通りから伸びる小道は急な坂道担っているのでどこを切り取ってもインスタ映えスポットです。
ヴァレッタ発おすすめ現地ツアーはこちら

マルタ島のおすすめ都市②イムディーナ

マルタ島 イムディーナ
イムディーナは別名サイレントシティーとも呼ばれる静寂に包まれた街です。城壁で囲まれたこの街に足を踏み入れれば、中世の世界にタイムスリップ。

マルタ共和国最古の協会と呼ばれる聖パウロ大聖堂など見所満載です。

現在も300人程度の人が住んでいるものの、城壁内は車両の乗り入れが制限されている上、とにかく迷路のような街となっています。

くれぐれも迷って最終のバスを乗り過ごすことのないようご注意くださいね。

イムディーナへの現地ツアーはこちら

マルタ島のおすすめ都市③ゴールデンベイビーチエリア

マルタ ゴールデンベイビーチ
マルタ島でとにかく美しい地中海を満喫したい方におすすめなのが、本島で1番人気と名高いビーチのあるゴールデンベイビーチエリア。

リゾートホテルもたくさんあるので、ヴァレッタだけでなくこちらにも宿泊して思う存分地中海を楽しんで見るのもおすすめですよ。

マルタ島のおすすめ都市④ゴゾ島

マルタ ゴゾ島 巨石神殿
世界遺産の巨石神殿があることで有名な島、ゴゾ島はヴァレッタと並んでマルタを訪れた際外せない観光スポットです。

本島からフェリーで約30分の場所にあり、島1番の繁華街であるヴィクトリアには大城塞などヴァレッタとはまた違ったマルタらしい街並みが広がります。

ゴゾ島への現地ツアーはこちら

マルタ島のおすすめ都市⑤コミノ島

マルタ コミノ島 ブルーラグーン
地中海の中でも一際美しいコバルトブルーに輝くエリアがあるのはコミノ島。

その美しすぎるブルーカラーから、マルタ島のブルーラグーンと呼ばれる人気スポットです。

本島からのフェリーもブルーラグーンに停泊するのでアクセスもとっても便利。フェリーが宙に浮いているように見えるほど透き通った海は一生に一度は見ておきたい絶景です。
コミノ島への現地ツアーはこちら

マルタ島のおすすめ都市⑥モスタ

マルタ島 モスタロチュンダ
ヴァレッタから車で約20分ほどの街、モスタのシンボルといえばヨーロッパで3番目に大きなドーム、モスタロチュンダです。

奇跡のドームとも呼ばれるその由来は、かつてこのドームの地下はシェルターとして使われていましたが、対戦中ドイツ軍の爆弾が投下され、ドームを突き破ったにも関わらず不発だったことで多くの人が命が助かったからだそうです。

まとめ

小さな島に見所がギュッと詰まったマルタ共和国。料理も美味しく比較的治安も良いのでとってもおすすめの観光スポットです。ぜひ次回の旅行の参考にして見てくださいね。

関連記事:
マルタ島のおすすめホテル マルタ島のおすすめレストラン

コメント

タイトルとURLをコピーしました