歴史あるラッフルズホテルでポッシュにシンガポールスリング

3norintravel シンガポールスリングシンガポール

シンガポールの5つ星ホテルの中の5つ星!多くの著名人も宿泊したことで有名なこのホテルは2年半の修復期間を経て2019年の8月待望の再開を果たしました。

ホテルの前にはターバンを巻いたドアマンが立つ品格高いこのホテルですが、宿泊客でなくとも門をくぐる方法がありますよ!

その方法は、シンガポールスリング発祥の地として名高いホテル内のロングバーを利用すること!ちょっと贅沢な時間をロングバーで過ごしてみてはいかがでしょうか?

ラッフルズホテルについて

ラッフルズホテルは1887年に開業したシンガポールでもっとも有名なエレガントホテル。シンガポールに置ける数少ない歴史的建造物の一つです。イギリスによる植民地時代の象徴コロニアルスタイルの建物は、重厚感があり気品に満ち、今もなお多くの観光客を魅了し続けています。
ラッフルズホテルの予約はこちら

 

貴族の社交場!ロングバー

3norintravel シンガポールスリング

イギリスの黄金時代の象徴でもあったラッフルズホテルのロングバーは、19世紀当時欧米貴族の社交場として利用されていたそうです。そこで生まれたのが、有名なシンガポールスリング

常夏のシンガポールにぴったりのちょっと酸っぱい大人の味は、当時の人々のステイタス!シンガポールを訪れたなら、ちょっと背伸びをしても体験しておきたいスポットです。

シンガポールスリングとは?

3norintravel シンガポールスリングシンガポールスリングはシンガポールの夕焼けを表したピング色が美しい、ジンをベースとしたトロピカルカクテルです。

その美しさからシンガポールの貴婦人とも呼ばれ、詩人フェミングウェイもこよなく愛した味だそうです。

現在では、オリジナルに加え、いろんな種類のシンガポールスリングがラインナップしています。

さらにはシンガポール市内のバーやシンガポール航空機内では独自のレシピで作られるシンガポールスリングも楽しめるので、飲み比べしてみるのもおすすめです。

シンガポールスリングを日本で楽しみたい方はこちらをチェック!

 

ポッシュなシンガポールスリング

3norintravel シンガポールスリング
シンガポールスリングを楽しむのはちょっとしたステイタス。オリジナルのシンガポールスリングは SGD35(約2800円)。決してお安くはありませんが、この優雅な空間で楽しむこの素敵な時間はプライスレスではないでしょうか。

 

元祖スリングはピーナツをお供に!

3norintravel シンガポールスリング

ロングバーの各テーブルやカウンターには、必ずピーナッツがお洒落な麻の袋に入ってスタンバイ!食べきると鼻血が出そうなほど大量に置いてあります。

なんとこれ、無料で食べ放題です。塩気が程よくきいていて、シンガポールスリングとの相性抜群!食べすぎにはくれぐれも注意してくださいね。ピーナツの殻は床に落としながら食べるのがロングバー流です。

Check!

多くのガイドブックで、ロングバーを訪れる際は正装で!とありますが、実際私が訪れた際は半袖短パンにビーチサンダルの方から、お洒落をして訪れる方まで様々でした。シンガポールは1年中気温が高いです。せっかくなので自分の気分が上がる程度のお洒落をしつつ、暑さ対策もお忘れなく

アクセス方法


Long Bar
住所:#02-01, Raffles Arcade, 328 North Bridge Rd, シンガポール 188719
電話番号:+65 6412 1230
営業時間:11:00~24:00  金、土曜日のみ~25:00
公式HP:http://www.rafflessingapore.com/dining/long-bar/

まとめ

ラッフルズホテルで楽しむ元祖シンガポールスリングの紹介でした。お酒があまり強くない方向けにはノンアルコールバージョンもあります。ぜひ独特の雰囲気が楽しめるロングバーでシンガポールの味をちょっと贅沢に楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました